中部地方の地域社会学:自動車産業ではなく

先便で紹介した「道の駅 瀬戸しなの」、字は信濃ではなくて品野で、周囲には大きなセラミックの工場が立ち並んでいる。廃業しかかっている地域社会学者としてこの地方を見るとき一番気になるのは、自動車産業ではなく窯業(ようぎょう、陶磁器を作る工業)だ。オールドノリタケから日本ガイシ、LIXILまで、といえば、たいていの人には分かってもらえると思う。

たとえば名古屋から長久手、瀬戸を抜けて多治見まで、県道57号線、国道248号線をドライブすれば、沿道にたくさんの陶磁器やセラミックの工場を目にすることができる。それだけでなく。周囲の小さな谷筋ごとに貼り付いた家々がみな小さな窯元だったり、窯元で働く人の住まいだったりする。ちょっと宮崎アニメの世界のようだ。歴史的には、私の住んでいる名古屋市東部も古い窯業地域で、名古屋大学の東の丘なども、陶土を掘ってあたりの雑木を焚いてその場で焼く窯場だったらしい。

愛知県も岐阜県も立派な陶磁器専門の美術館を持っている。なかでも私が好きなのは「セラミックパークMINO(岐阜県現代陶芸美術館)」だ。東海環状道沿い、「土岐プレミアム・アウトレット」のすぐ近くにあるが、あまり知られていない。この美術館、ちょっと贅沢すぎる作りで、たぶん梶原県政時代の首都機能移転バブルの産物(政治遺産?)だったのだろう。だんだん荒れていく超近代的な建築はもの悲しいが、展示されている現代陶芸は決して古びていない。いちばん寂しいのは、併設のレストランが長くちゃんとしたフレンチを出していたのに、今はカレーくらいしか置いていないことだ(ただし、カレーもコーヒーも美味しい)。

名鉄尾張瀬戸駅至近の「瀬戸蔵ミュージアム」も、この地方の陶磁器の歴史を知るのに便利な施設だ。ボランティア・ガイドのお爺さんたちもよく勉強されていて、説明してもらった方がお得である。長い長い窯業の歴史は、社会よりも大きなスケールの言葉、人類という言葉がピッタリな感じがする。

私の祖父の生まれたムラは丹波立杭焼の隣村で、兄は余技で大皿に字など書いていた。そんなことも、私が地場産業としての窯業に惹かれる理由なのかもしれない。

カテゴリー: 未分類, 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

四百年前のイエ社会:尾張瀬戸の定光寺を訪ねて

観光キャンペーン便乗企画ではないが、尾張名古屋の「地味な」名所を紹介したい。瀬戸市内から車で10分ほどの里山の中にその寺はある。JR中央線の同じ名の駅からもアプローチ可能だ。地元では紅葉で知られていて、もうすぐ混雑する季節である。

寺というが、訪ねてみると日本の山寺という感じではない。それもそのはず、ここは尾張藩祖徳川義直の墳墓の地であり、かつその位牌を祀る祠堂なのだ。立派な庫裡もあって妙心寺派の禅寺ではあるのだが、外見は宇治の萬福寺や中華街の関帝廟に近い。石柱の墓碑銘も「一品亜相源敬公」と中国風である。なぜそんな概観なのだろうか。説明を見ると(パンフレットは品切れだった)、明から渡来した儒家の指導で建てられたそうだ。でも、なぜ。

ここからは私の勝手な推測。まず義直は父家康の漢籍を形見分けでもらい受けるくらいの学問好きだったから(この話は先便「蓬左文庫」の記事で書いた)、自分の墳墓を中国の意匠で埋めたかったのではないか。そもそも大須観音だって、もっと田舎に残っていた『古事記』の写本を家康がガメてきて、その保管所として建立したくらいだから、三英傑のなかでの家康の個性の1つは学問趣味にあり、それを受け継ごうとしたのではなかったか。

もう1つの推測は、実際に祠堂から墓廟までの階段を上ってみると、配置が日光や久能山とくに久能山に近いことから、義直は家康と同じように神(権現)になろうとしたのではないか、ということである。実際、門の彫り物は左甚五郎作だ。ただ、名古屋城に行けば分かるように、徳川家の神は家康、秀忠、家光の宗家三代だけで、分家の義直にその目はない。他の家なら藩祖は当然神と祀られるのに、である。なりたいがなれない無念さが、中国風という奇体な意匠を選ばせたのではなかったか。

墓廟の脇には、殉死した家臣5人と、その陪臣4人の墓もあって、ものすごい。殉死が禁じられる前の墓廟なのである。

寺の近くの小高い丘からは、はるか名古屋城を望める。ここは名古屋の鬼門(東北)の押さえで、万一落城の際信濃に落ち延びる(信玄が開いた)ルートの起点でもあった。名古屋城とセットでぜひ訪れたい、地味な観光地である。帰りには、瀬戸物直売所もある「道の駅しなの」で瀬戸焼きそばを。ちょっと甘いです。

カテゴリー: 私の名古屋メシ, 見聞録 | コメントする

国民国家という「鉄の檻」:矢澤修次郎先生とドイツの学者を迎える

矢澤修次郎先生のご提案で、来日したドイツ人社会科学者ミヒャエル・クーン氏の小さなセミナーを本学市谷キャンパスで開催した。いつもながら英語の苦手な私は、聞く方は曖昧なうなずきばかり、質問は Is this a pen? レベルの内容で冷汗三斗だったが、今回はクーン氏の話が今の私の関心に近いように思え、いつもよりちゃんと聞くことができたように思う。

さて、今回のセミナーでいちばん面白く感じたのは、クーン氏が、近代以降の国民国家を考える際重要な課題の1つはそれを支える「知識」を国家自らが生産していることだ、と言ったことだ。これ自体にE.ゲルナーの「高文化」やB.アンダーソンの「想像の共同体」といった古典的指摘から新味はないが、「知識」の中核は社会科学だという指摘は、私にとっては目からウロコだった。つまり私たち社会科学者が国民国家を支えている!。ええっ、社会科学系の学問なんか何の役に立つのか、というのがこの国の風潮で、だから学者たちは皆役に立つフリばかりしているのじゃないのか。ところがどっこい、国民の大多数は大学を含む中高等教育で社会科学系の学問を学ばされるのだし(とくに我らが私大文系)、マスメディアが国民国家のさまざまな問題を語るときも、基本的に社会科学系の学問の用語を使うのである。うがった見方をすれば、「うちの子はダメねえ」といって、子どもに勉強を無理強いする母親のように、わが国家と国民は、私たち怠惰な社会科学者に自分たちを正当化する知識を無理矢理生産させているのだ。

もう1つ面白かったのは、国民国家の支配力の強さについて、矢澤先生がM.ウェーバーの有名な「鉄の檻 iron cage 」の比喩を使って質問された際(もともとは資本主義のことを言っている)、クーン氏がまったくピンとこなかったことだ。もちろんクーン氏の勉強のムラかもしれないし、英訳だから伝わらなかったのかもしれないが(もちろんレクチャーは英語)、私には、かつてW.シュヴェントカーが『マックス・ウェーバーの日本』(2013,みすず書房)で指摘したように、「ドイツ本国では過去の人に過ぎないウェーバーが、なぜか東洋の辺境日本では生き延びている」の例かもしれないと思われた。

もしこの比喩が通じていたとしても、クーン氏は国民国家を「鉄の檻」とは感じていないのかもしれない。まあドイツは連邦制だから・・・。政権与党党首をやめても連邦宰相(首相じゃないよ)を務められるというのもよく分からないし・・・。逆にグローバルに活躍されても足下の「鉄の檻」に鋭敏な嗅覚を保ち続けている矢澤先生の方は、先便で「リフレクシブになってクリティカルじゃなくなったのかも」などと腐したけれども、そんなことは全くなかったので、私はひどくうれしかった。やはり「クリティカル」で行きましょう。「鉄の檻」から自由になるために。

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

借金研究の第一人者:D.グレーバー『負債論』を読む

連れ合いがNHKを見ているのを、横で雑用をしながら聞いていたら、「借金研究の第一人者」という紹介があって、「そりゃ変わった経済学者だな」と思ったら、「ディヴィッド・グレーバーさん」と名を告げたので、思わずズっこけた。いくら何でも「借金研究」はないでしょう・・・。もし本人がそう自己紹介したのなら、いいジョークではあるけれど。

先便でも取り上げたLSEのマリノフスキー講座の人類学教授グレーバーの『負債論』、すごい分厚い本だけれど、ハズキルーペがいらないくらい活字が大きく、邦訳者が工夫されたのか訳文も平易で、すこぶる読みやすい。公共図書館で借りて、日曜午後の読書にお薦めである。

しかし、この本の真価は、私には文化人類学の学説史に深く忠実なところだと思われる。オキュパイ運動のリーダーでアナーキストと紹介されることが多いが、学問的には非常にトラディショナルな人だ。先生は『石器時代の経済学』のM.サーリンズ。

まずテーマが、著者が明記するとおりM.モースの『贈与論』(前から言っているけれど「論」はやめせんか。原題は「贈り物に関する試論」ですよ)へのリスペクトで、しかし、『贈与論』の方が定冠詞が付いているのに(le don)、こちらには定冠詞を付けていない(debt)。なぜかなあ、と考えるだけで楽しい(ちなみに、昔流行ったネグリとハートの『帝国』も定冠詞付いていなかったな・・・)。しかし読んでみると、中身は『贈与論』よりもっと古い、フレーザー卿の『金枝篇』(これも定冠詞付き)に近い。『贈与論』は法そのものを問うが、『金枝篇』は法に正しさを与える神話や宗教を問うている。『負債論』は明らかに後者だ。

方法も古典的だ。この本はたくさんの事例カードに基づいて書かれているように思われるが、それはC.レヴィ=ストロースや川喜田二郎の方法だ。文化人類学イコール参与観察ではない。参与観察を含む、あらゆる事例をカード化するところが、少なくとも、カードをあまり重視しない社会学との大きなちがいである。

後でビデオで確かめたら、グレーバーさんは「負債というかたちで(今より豊かであるはずの)未来を先食いする仕組みは持続可能じゃない」と、すこぶるまっとうなコメントだった。私は好きだけど、この人、きっとマルクス・ガブリエルとか『ホモ・デウス』の人のような、NHK好みの色物学者じゃないな。

 

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

「不気味な」フジ三太郎:作者サトウサンペイ自選集を読む

町の図書館の漫画コーナーの書架を漫然と眺めていたら、サトウサンペイ自選の『フジ三太郎』を見つけた。先便で触れた昭和の「サラリーマン文化」を考えてみたくて、借り出して読んでみた。

読み進めるうちに、だんだん気持ちが悪くなってきた。作品としての『フジ三太郎』は連載開始65年とほぼ私と同じ年で、バブルの絶頂期の91年に四半世紀を超える連載を終えている。毎朝朝日新聞の全国版を彩った、国民的マンガと言えるだろう。私の実家は元々毎日新聞だったが(アサッテ君とマッピラ君)、たぶん私の受験対策(深代淳郎の『天声人語』)だったのだろう、小学校高学年から大学進学で上京して新聞を取らなくなるまで、毎朝『フジ三太郎』に接していたはずである。いや、私だけではなく、何千何万という日本人が毎朝『フジ三太郎』に出合っていたはずである。なのに、なぜ気持ちが悪くなるのか。

原因の1つはおそらく連載を終えようとする作者の自選のせいだ。26年間の連載全体にくらべて、とくに80年代の女性、それも性的な話題が多いのだ(私は、安田講堂の陥落のテレビを、喪章をつけながら、笑いを噛み殺して眺めるフジ三太郎の回を見たことがある)。そのうえ作者の高齢化に連れてエッチな(当時の表現)オヤジ目線がきつくなる一方、男女雇用機会均等法の時代になって世間の風当たりが強くなってきた結果、とくに下品な回が多く選ばれているような気がする。たしか当時すでに揉めていて(サトウサンペイが意地になっていて)、連載終了もそれが原因だったのではなかったか。だから後継の『となりの山田君→ののちゃん』は、作者のいしいひさいちの個性(これまた1つの意地かもしれない)もあって、この四半世紀けっして性的な話題を持ち出さない。

パンチラとかハイレグとか、当時の風俗をそのまま写しているから気持ち悪いのではない。そうした装いの若い女性の身体をなめ回すオヤジ三太郎の視線が、自分にもしっかり擦り込まれていることに気づかされるから気持ち悪いのであり、さらにそうした若い女性を、サトウサンペイが実に上手に、顔は丸く、目は大きく、口は小さく、身体はとっくり型に、まるでラブドールのように描いているから、気持ち悪いのだ。少なくとも私には、私が知らず知らずのうちに身につけたセクシャリティの履歴を見せつけられるような経験であり、『フジ三太郎』はまさにフロイトのいう「不気味なもの」だった。

中西洋先生に意見具申したときは思いつかなかったけれど、この線で「昭和のサラリーマン文化」を考えてみたい。それを上手にやれば、この気持ち悪いセクシャリティから(もう手遅れかもしれないが、死ぬまでには・・・)解放されるにちがいない。

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

フォルテピアノが歌う部屋:バドゥラ=スコダのシューベルトソナタ全集を聴く

久々に心に沁みる演奏=ディスクに出合った。オーストリアのピアニスト、パウル・バドゥラ=スコダの弾くシューベルトのピアノソナタ全集。楽器は現代ピアノではなくシューベルト時代のフォルテピアノで、ピアニストのコレクションだそう。

はじまりがまるで朝ドラのテーマ曲のようで、思わず散歩の時に鼻歌で歌ってしまう12番も、フォルテピアノの音で聴くと、まったくちがう味わいだ。たぶん家具調の楽器だけでなく、弾いている部屋の大きさも関係しているちがいない。大ホールに鳴り響く巨大なスタインウェイでは、どんな風に弾いても、シューベルトの「親密な」音楽には近づけないのだろう。楽器の写真を見るとペダルが6つも付いていて、どれをどんな効果に使うのか分からないが、今まで聴いたことのない音の引っ張りや切り捨てを随所で聴ける。

聴きながら、余計なことを考えてしまう。私たちの社会は「大ホールで巨大なスタインウェイ」の方に進みがちだし、それが当然だと思いがちだけれど、「小さな部屋でフォルテピアノ」もどっこい残っていて、いつでもそちらに転轍できる。必要なのは「小さな部屋でフォルテピアノ」を記録し、保存し、忘れないことだ。

と書いていると、演奏は20番に進んだ。この曲を聴くといつも、小学生の頃読んだベートーヴェンの伝記の挿絵を思い出す。死の床にあってもう話せないベートーヴェンと、尊敬する人の前で緊張してひと言も話せないシューベルトのただ1回の出合い。でもシューベルトのピアノソナタを聴けば、2人はちゃんと対話し、つながっていたことが分かる。とくにこの20番を聴けば・・・。

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | 1件のコメント

民主的な職場って・・・?

職場の労働組合のニュースに、「非民主的な執行部の専制的な提案でない、民主的に選出された執行部の、(組合員の総意に基づかないように思われる)給与カットの提案は重い」と書いてあって、組合執行部のご苦心は想像できるけれども、非常に鼻白んだ。「重い」も何も、中身が非民主的なら、誰が提案しようが拒否に決まっている。民主的なやり方は、そうした非民主的な提案を平気でやる執行部をリコールすることではないか。

提案がなされて数ヶ月になるが、どこからもリコールの話が出てこないのは、どうしたことだろう。今後の交渉次第で彼らが提案を撤回するとでも思っているのだろうか。それともいっぱい学生を集めていっぱい給料をもらってきたから後ろめたい、賃下げもやむを得ない、とでも思っているのだろうか。賃下げした分、ワークシェアリングとかダイバーシティが進んで職場の雰囲気がよくなるはずだとでも思っているのだろうか。私にはどれもそうは思えない。財政状況を説明しにきた、監査法人の担当者の腹立たしい傲慢なツラしか、思い浮かばない。

何のために、何と戦うか、その意味はつねに未来から与えられる。過去がどうあろうと、皆の未来のために戦うのが、民主的ってことじゃあないか。

カテゴリー: 私の心情と論理 | 1件のコメント

それは君の問題だろう:中西洋先生に教わったこと

今の職場に移った頃、隣の研究室は社会政策学の中西洋先生だった。中西先生は東大を退官された後、新潟大学を経てうちに来られたのだと思う。定年が早かった頃の大先生の典型的なキャリアパスだった。中西先生は想像通りの大先生で、修士論文の判定会議で故舩橋晴俊先生を、「君の学問(観)は間違ってるよ」と一喝されるくらいの大きさだった。私はおそれをなして、いつもおっかなびっくり挨拶していた。

あるとき、偶然にも中西先生に面とむかって質問できるチャンスが到来した。私は勢い込んで、「戦後日本社会を考える上で、『サラリーマン文化』が何だったのか、詳しく検討しなければならない」と自説を主張した。すると中西先生は即座に、「それは社会の問題ではなくて、君の問題だろう」と、やはり一喝された。私は返す言葉を失い、そのとき先生を取り囲んでいた同僚たちの中にずるずると引っ込んでしまった。

確かに、私は典型的な大卒サラリーマンと専業主婦の息子で、しかし同世代でもそうでない友人知人はたくさんいるのだから、先生の言われるとおり、それは私の問題であり、問題であると思うなら、まず自分の問題として解決しない限り、社会の問題として正しく捉えることはできない。しかし・・・。

私の問題ではない社会の問題などあるだろうか。私を棚上げして社会の問題を考えるのは、結局社会も捉え損なうし、それに荷担している私も社会の問題から免罪してしまうのではないだろうか。私の神棚ならぬ本棚に棚上げされている、先生の三菱長崎造船所の大部の研究の背表紙を見るたびに、そんなことを考えるのである。

先生のご教示を、「自分の問題と社会の問題のズレに敏感であれ」と受け止めた上で、私は自分の問題から社会の問題へと考えを進めていく手続きとして、社会政策学ではない社会学の存在理由を見出したい。そして、考えなければならないのは、自分の問題を社会の問題とつなぐ「方法の問題」(サルトル)だ。

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の「新しい学問」 | コメントする

栗拾いの思い出と今

今年も豊田市香嵐渓の「みたち栗園」に栗拾いに行った。家族4人で198個。袋はいつもの大きさだから、粒が大きかったのだろう。夕食はいつもの通り、栗を奢った栗ご飯。

最初の栗拾いは、名古屋に越して最初の秋、下の子はまだよちよち歩きだった。それが今回、栗ご飯の下ごしらえでは、子どもたちが淡々と栗を剝いている。15年の時間の流れを感じた。

お父さんの方は、いつも栗を剝きながら、自分の子どもの頃、丹波篠山の本家から晩秋に送られてきた栗の味を思い出している。目の前の栗は拾いたてで、選んで拾っているので、虫食いはほとんどないが、送られてくる栗は虫食いだらけだった。でも虫が食うだけに甘かった。今の栗も十分に甘い(拾いたては甘みより旨味で、冷蔵庫の中で時間が経つと甘くなってくる)が、思い出のなかの栗が一番甘い。

今回面白かったのは、栗園の駐車場にポルシェ(マカンとかいう奴か、1000万くらいするのか?)がいるのを見た他所の若いお父さんが、涎が出そうな声で「ポルシェ・・・」と嘆息していたことだ。車も運転も嫌いな私には分からないが、名古屋豊田の地では、もっとも健全な男の欲望といえるかもしれない。

カテゴリー: 私の名古屋メシ, 食いしんぼう | コメントする

ささやかながらとてもうれしかったこと

子どもが小さい頃、同業者夫婦で学会出席となると、仕事をずらして片方が子守をしたが、一度だけ両方重なったことがあって、学会が斡旋するベビーシッターを利用した。10年くらい前だったか、仕事が終わってシッタールームに駆けつけると、私たちよりずっと若い、たぶん院生同士だろう夫婦が迎えに来ていた。会釈だけで名前も聞かなかったのだが、ぞの後ずっと気になっていた。あの二人はその後博論を書けただろうか、常勤の仕事につけただろうか。離婚せずに、子どもさんも元気に育っただろうか。

こんなお節介なことを考えたのは、省みれば自分たちの不安の投射に他ならなかった。私の身近な先輩には、先便で言及した矢澤修次郎・澄子先生をはじめ、夫婦学者で仕事も家庭も立派に営まれた方が多い。でも、抵抗はまだまだあって、面と向かって「お前の人生選択は間違っている」と断言する先輩や(俺は正しいとか言ってません!)、「奥さんの就職の世話はしないからね」と断言する指導教官(お願いしますとか言ってません!)にめげながら、何とかやっていた。でも本当は、そうした外圧以上に、自分自身の弱気や臆病や甘えと闘うのが一番大変だったと思う。結局、私たちは仕事も家庭も、「まあ、やってきた」程度のことしかできなかった。とくに私は、子どもたちが巣立ちの一番大事なときに、仕事でしくじってうつ病になり、ちゃんと後援してやれなかった。

昨日ある研究会で、報告者の方が挨拶に見えられ、「昔ベビーシッターでお会いしたことがあるのですが・・・」と言われて、私は胸がいっぱいになった、「ああ、あなただったんですか!」。彼は今一番いい仕事をしている中堅の1人である。パートナーの方も仕事を続けられ、お子さんも元気に大きくなられた様子。研究会自体も非常に勉強になって楽しかったのだが、それを大きく超えて、この一言が私には一番の収穫だった。俺は仕事も家庭もちゃんとやってきた、という満足感ではもちろんない。うまく言えないのだが、こうしたとき、自分が現実の中にしっかり埋め込まれていることを実感し、病気をして以来、ともすると現実から剥離してしまいがちな私の心を現実に引き戻してくれるように思うのだ。

カテゴリー: 私の心情と論理 | コメントする