投稿者「中筋 直哉」のアーカイブ

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。

喪われた父を求めて:村上春樹「猫を棄てる」を読む

新聞の紹介記事で興味を覚えて、『文藝春秋』最新号に掲載された村上春樹「猫を棄てる―父親について語るときに僕の語ること」を読んでみた。私は村上のファンでなく、先便「『多崎つくる』で町おこし」に記したように、ときどき思いつい … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 読書ノート | コメントする

昭和の社会学再訪:お世話になった先生方に会う

お1人は約束して、もうお1人は偶然、大学院生時代にお世話になった同業の先生方に、この1週間のうちにお会いした。約束した方は1時間半ほど、偶然の方は立ち話程度だったが、どちらの方にも昔通り親しく接してもらい、懐かしく、うれ … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の「新しい学問」 | コメントする

ダースベイダーとスーパーマン:NHKETVクラシック音楽館を聴きながら

NHKETVの「クラシック音楽館」、ヴェネズエラ出身の指揮者G.ドゥダメルが指揮するロスアンジェルスフィルの演奏を途中から聴いた。途中からというのは、途中まで総合の方のNHKスペシャル「人体Ⅱ」を首をひねりながら見ていた … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | 1件のコメント

玉せんで昼ごはん

とくに何をするでもない休日、子どもに「お昼、何にする」と聞くと、「玉せん」という答え。おや、懐かしい。 玉せんは、大判で長円形のえびせんべいを長い方に二つに折り、黄身を潰して両面焼きにした目玉焼きを挟んで、お好みソースと … 続きを読む

カテゴリー: 私の名古屋メシ, 食いしんぼう | コメントする

故郷に似た港町:名古屋港の鉄道跳開橋を訪ねて

今シャチで有名な名古屋港水族館があるあたりは昔は臨港線の貨物駅だったそうで、鉄路は埠頭を180度回って北行し、堀川沿いの艀だまりのあたりで終わっていたらしい。その途中、元は運河だったが半分埋め立てて掘割にしたところの口に … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 見聞録 | コメントする

私の平成:それはパンドラの箱のように

いつだったか、まだ先代が帳場に立っていたからだいぶ前だろうが、東京神田神保町のカレー店「共栄堂」で遅い昼飯を食べていた。客はほとんど私だけで、小さな音の音楽が流れているのがよく聞こえた。その曲は、團伊玖磨が皇太子(新天皇 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

神保町東京堂書店の「軍艦」:朝日新聞の記事から

朝日新聞4月24日夕刊に神保町東京堂書店の紹介記事が載っている。1階に平積み棚で書架を取り囲んだコーナーがあり、本好きから「軍艦」と呼ばれているとのことだった。若い頃はよく東京堂書店に通ったが、たいていすぐにエスカレータ … 続きを読む

カテゴリー: 東京漂流, 見聞録 | コメントする

お帰り、ちきゅう:新幹線の社会学10

「お帰り、ちきゅう。」東海道新幹線が静岡新富士間を通るとき、清水港にときどき巨大な火の見櫓を立てたような船を見ることがある。地球深層探査船「ちきゅう」だ。この間も見たが、その姿は少しさびしそうだった。それもそのはず、南海 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

紙魚のごちそう3:法政大学多摩図書館の個人文庫

今どき退職するときに、大学図書館に本を寄贈すると言っても断られるに決まっているし(今どきはどんどん除籍、捨てられる)、寄贈して役立つような稀覯本を持っているわけもない。でも、昔はちがった。 わが多摩図書館の地下書庫2階は … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の仕事, 読書ノート | コメントする

見よ、妄執の城の跡:岐阜県岩村城に登る

見よ、妄執の城の跡・・・。ここは黒澤明監督の映画で有名な蜘蛛巣城・・・ではなくて、岐阜県恵那市岩村町の岩村城である。ここを訪れるのは二度目。何度見ても、幾重にも細かく積み上げられた石垣が異様だ。何がそうさせたのか。 本丸 … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | コメントする