未分類」カテゴリーアーカイブ

走るひとのからだは:社会学的思考の基礎6

ぼんやり考えごとをしながら桜咲く堤を散歩していると、前から市民ランナーが向かってくる。ああ嫌だな、と思う。狭い道を譲り合うことはけっしてなく、いつも歩いているこちらが譲らなければならない。そのうえカーブだと、つねにこちら … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 私の「新しい学問」 | コメントする

40年目の三笠艦:学生と記念艦三笠を訪れる

ゼミ合宿のかわりの日帰り旅行で、学生たちと横須賀の「記念艦三笠」を訪れた。ゼミではR.ベネディクト『菊と刀』を読んでいるので、近代日本の1つの象徴を見るという意味での見学だ。私自身にとっては40年目、3度目の訪問である。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 東京漂流, 私の仕事 | コメントする

社会学は何でないか:亀田達也『モラルの起源』(岩波新書)を読む

このブログでも言及したことのある岸政彦氏がより若い同業者と書いた『質的社会調査の方法』(有斐閣)は、近頃では出色の社会調査の教科書だと思われ、学生によく勧めるのだが、1点いだたけないところがある。それは「社会学って何?」 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 私の「新しい学問」, 読書ノート | 3件のコメント