見聞録」カテゴリーアーカイブ

お前の悪いとこ、ちっとも直ってへんな:東京都写真美術館のE.スミス展

今日は都心に出て複数の展覧会を巡った。一応研究ということにしておきたい。まず訪れたのは、東京都写真美術館の「生誕100年ユージン・スミス写真展」。 実はこの美術館には因縁がある。私は写真が好きで、バブル時代の仮開館の頃か … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録, 食いしんぼう | コメントする

レンコダイの口からダイオウグソクムシが!:夕食の準備でビックリ

愛知県に引っ越して以来、比較的新鮮な魚が手に入るので、自分で下ろして食べることを楽しみの1つにしている。昨日近くのスーパーに行くと、オレンジ色が鮮やかな長崎県産のレンコダイを2匹580円で売っていたので、ウロコを引いて内 … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録, 食いしんぼう | 1件のコメント

ダボハゼ君のお正月:2件のアート展示を見に行く

新年最初の連休は、家族が風邪を引いて家にいるので、一人で近場の2つのアート展示を見に行くことにした。1つは岐阜県美術館の「ディアスポラ・ナウ!」(!がオシャレ!)という展示、もう1つは名古屋市ナディアパークの「国際デジタ … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

『夢』は夢の映画である:『菊と刀』ゼミの今年のスピンアウト企画

今年も2年生の『菊と刀』講読ゼミが数回を残して読み終わったので、残りの時間2つのメディアコンテンツを鑑賞して議論することにした。1つは笈田ヨシ演出のプッチーニのオペラ『蝶々夫人』(2017,NHKBSプレミアムで放映)、 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

わが心の友ラマヌジャン:12月18日「天声人語」から

朝日新聞12月18日朝刊「天声人語」欄に、望月新一京大教授の「ABC予想」証明報道に関わって、インドの伝説的数学者ラマヌジャンの挿話が引かれている。いわく「ラマヌジャンは英国留学中(これが彼の命取りだったが)豆のスープを … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | 2件のコメント

フェイクニュース訂正:2017年9月15日記事のまちがい

今年9月15日の「40年目の三笠艦」という記事で、事故を起こしたアメリカのイージス駆逐艦マケインとフィッツジェラルドが仲良く横須賀軍港のドックに入院中と書いたが、12月6日朝日朝刊の記事によると、マケインは事故後フィリピ … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

成田の空と大地:「空と大地の歴史館」をたずねて

高速バスの停留所案内が「次は三里塚です」というのを聞くと、さっと体が硬くなった。外は畑の中の道にロードサイド店が並ぶ、典型的な日本の郊外の風景だ。そこには暴力のかけらも見られないが、子供の頃の記憶のなかの「三里塚」は、「 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | 1件のコメント

ののちゃんのお父さんが造っている艦:朝日新聞朝刊の全面広告

今朝11月14日の朝日新聞朝刊の中程に、2面を使った全面広告を三井造船が載せている。百周年で社名を変えるというのが趣旨だが、面白いことにいしいひさいちが四コマ漫画を特別寄稿している。朝日新聞朝刊の連載漫画『ののちゃん』の … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | 1件のコメント

神はわがやぐら:宗教改革500年に寄せて

10月31日はハロウィーン!ではなくて宗教改革記念日で、今年は「ヴィッテンベルクの95箇条の提題」から500年である。 たまたま目にした『カトリック生活』10月号(ドン・ボスコ社)の特集が「ルターとカトリック教会」なので … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | 1件のコメント

地域社会学が役に立つとき:最高裁判事「審査公報」を見ながら

「地域社会学やめます」と何度もこのブログで言ってきたが、それでも「地域社会学は役に立つな」と思うときもあって、それは何より選挙の時だ。小選挙区制になり区割りが変わっても選挙結果は地域社会構造を何ほどか反映しているので、ほ … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする