私の心情と論理」カテゴリーアーカイブ

再び馬場修一先生のこと

病気をして以来学生を教えることにどうしても熱意を感じられない、転職した方がいいかな、といった愚痴を連れ合いにこぼしていたら、私たちの習った先生たちはどうだったのかしら、たとえば馬場修一先生は、という話になった。3年前にこ … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の心情と論理 | コメントする

人生最大の失敗とは:カラヴァッジョ「ゴリアテの首を持つダビデ」を見ながら

NHKBS『ガイロク』という番組、「人生最大の失敗」というテーマで街頭インタビューしていた。私の「人生最大の失敗」って何だろう?ふと思い出したのは子どもの頃のこと。仲良しの友だちが習いごとを始めるという。剣道教室に行くと … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

just friend を喪う:ハーベスト社小林達也さんを悼む

FBのつながりのなかで、出版社ハーベスト社の小林達也さんの急死を知った。合掌。 20代から30代の駆け出しの頃、いつも小林さんに会っていた気がする。所属する学会の大会や研究会に出ると、いつも小林さんが本を売っていた。そし … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の心情と論理 | コメントする

関西電力と「家族の秘密」:一連の報道にモヤモヤする

一連の関西電力の不祥事報道、私はずっと、フロイト=ティスロン(『家族の秘密』文庫クセジュ)的な意味でモヤモヤしながら見ている。 小学校に上がるとき、私の家族は神戸の下町の実家を出て、山の手のマンションに引っ越しした。私は … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

ファンタジーをリアル化しない:劇団四季『パリのアメリカ人』を見る

宮川一夫カメラマンについてのNHKの番組で、M.スコセッシ監督が「私が『雨月物語』(溝口健二監督)にはじめて魅せられたのは、たびたびコマーシャルの入るテレビ放送だった」と語っていて、膝を打った。劇場や映画館のS席ではなく … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | 1件のコメント

新しいこととお金が好き:私の中に流れる血

私は好きではないのだが、家族は皆好きなので、夏になるとうちの冷凍庫にミルクバーのような棒アイスが詰め込まれる。それを見ていると、祖母のことを思い出す。 6年前に99歳で亡くなった父方の祖母は、商店街(神戸では市場(いちば … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理 | コメントする

ひもとくをひもとく:最近の都知事発言から

8月29日朝日新聞朝刊社説「追悼拒む都知事の誤り」のなかで、都知事が関東大震災時における朝鮮人虐殺の追悼式典への追悼文の送付を拒否している理由として、そうした事案は「歴史家がひもとくもの」と言ったと記されている。 私の耳 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

代打高井:職業人としての私の立ち位置

昨日今日のうちに突然の同僚のトラブルで、学部の仕事を1つ肩代わりすることになった。引き受けながら「うーん、このパターン多いな」と思っている。無理のないようにやっていこう。 昔ある学会で理事になったとき、最初の理事会で先輩 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理 | コメントする

森と湖のまつりから遠く離れて:子どもとの対話から

子どもがマンガ『ゴールデンカムイ』にはまっていて、その話の相手をしていると、「お父さん、意外に詳しいね」と驚かれる。猟のことを知っているのは、2000年代に岩手県と熊本県の中山間地域に社会調査に通ったときに聞いた話による … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理 | コメントする

摩阿陀会の片隅で:折原浩先生の新著書評会

週末の午後は折原浩先生の新著『東大闘争総括』(2019,未來社)の書評会に参加した。前にも書いたとおり、私は折原サークルの隅っこの方にいさせていただいている。会場には、お歳を召されたが、大学1年生の時大教室で教わった時と … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の心情と論理 | 2件のコメント