食いしんぼう」カテゴリーアーカイブ

ゲゲゲの鬼太郎邸訪問!:京都高台寺時雨亭の数寄

ついにゲゲゲの鬼太郎邸を訪問!というのはフェイクニュースで、これは京都東山高台寺にある重文の茶室時雨亭である。先日研究交流のついでに(遊びじゃありません)、念願の訪問を果たした。実際に見ると、研究書で見たよりずっとゲゲゲ … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録, 食いしんぼう | 1件のコメント

名古屋メシお菓子篇:鍋屋町通りの「ボンボン」

14年前に名古屋に越してきたとき、不動産屋さんは「ここはお菓子屋さんが多いのでいいですよ」と勧めた。たしかに近くに複数の洋菓子店があり、さっそく試してみたが、どこも私の好きな味ではなかった。甘さの効きが「甘い」のだ。お菓 … 続きを読む

カテゴリー: 私の名古屋メシ, 食いしんぼう | コメントする

美味しい店を見つけるよろこび:名古屋・泉の「ポルテッツォ」

美味しい店をいくつか知っているといっても、尾山台の「オー・ボン・ビュータン」も西浅草の「ストロバヤ」も、どれも学生時代の食いしん坊の師匠の受け売りで、自分で見つけた店はほとんどない。そのうえ名古屋から遠距離通勤かつ子育て … 続きを読む

カテゴリー: 食いしんぼう | コメントする

名古屋メシの未踏峰を1つ登頂:鮒味噌を食べる

愛知県に住んで20年、名古屋に住んで13年、そろそろ名古屋メシも食べ尽くした感があるが、まだ1つ未踏峰があった。鮒味噌である。子持ちの寒ブナを甘辛い豆味噌ベースの汁で大豆と一緒に煮込んだもので、たぶん木曽三川下流域の家庭 … 続きを読む

カテゴリー: 食いしんぼう | コメントする

お前の悪いとこ、ちっとも直ってへんな:東京都写真美術館のE.スミス展

今日は都心に出て複数の展覧会を巡った。一応研究ということにしておきたい。まず訪れたのは、東京都写真美術館の「生誕100年ユージン・スミス写真展」。 実はこの美術館には因縁がある。私は写真が好きで、バブル時代の仮開館の頃か … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録, 食いしんぼう | コメントする

レンコダイの口からダイオウグソクムシが!:夕食の準備でビックリ

愛知県に引っ越して以来、比較的新鮮な魚が手に入るので、自分で下ろして食べることを楽しみの1つにしている。昨日近くのスーパーに行くと、オレンジ色が鮮やかな長崎県産のレンコダイを2匹580円で売っていたので、ウロコを引いて内 … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録, 食いしんぼう | 1件のコメント

2017年秋の栗拾い:今年は227コ

15年目(去年13年目と書いたのはまちがいで、2003年から毎年通っていた)の豊田市足助の三ツ足(みたち)栗園での栗拾いである。家族4人で、やはり1時間で227コ拾った。来年はもう4人揃わないかもしれない。夕食はいつもの … 続きを読む

カテゴリー: 食いしんぼう | コメントする

君子の交わりは・・・:旧友と京都で再会する

中学高校時代の友人とおそらく20年ぶりくらいで再会した。20年というのは、前に会ったのはまだできたばかりの京都駅ビルで、その駅ビルが20周年というのだから。 今の彼は龍谷大学で真宗学の先生をしているが、中高時代は硬式庭球 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 食いしんぼう | コメントする

時間通りに教会へ:新婚パーティの思い出

古書でJ.B.クック著『英国おいしい物語』(東京書籍)を見つけて、懐かしさで胸がいっぱいになった。著者は昔中目黒で「1066」(ノーマン・コンクェストですね)というレストランを開いていて、私たち夫婦はそこで新婚パーティを … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 食いしんぼう | コメントする

三宮センター街「たちばな」のたこ焼きをご家庭で:「ご家庭で」シリーズ第3弾

追試験の採点が終わり、春学期の仕事も一段落。机の周りに夏休みの宿題を積み上げつつ、「のぞみ冷凍庫」から解放されて、気持ちがゆったり。昼に久しぶりにたこ焼きを作って食べた。 前にも「故郷の味」という記事で取り上げたが、祖母 … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 食いしんぼう | コメントする