私の仕事」カテゴリーアーカイブ

さまざまな「国民国家」の経験:国際ワークショップを手伝いながら

先便で紹介した、ドイツ人学者マイケル(ドイツ語ではミヒャエルだと思うが、本人はマイケルで通している)・クーン氏が主宰する学術ネットワークWorld Social Science and Humanity Network  … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

三度目のみんぱく:国立民族学博物館への疑問

一度目は高校2年生の時。文化人類学者になりたいと言い出した息子に、父は「じゃあ、どんなもんか見に行くか」と言って、祖父母も一緒に家族で繰り出した。二度目は今の職場での最初のゼミ合宿。まだサンプラザが万博記念公園にもあって … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

それは社会学じゃないよ3:富永健一先生追悼

一昨日の朝刊で、私が学部で社会学を習った先生の1人、富永健一先生の訃報に接した。1年前に書いた富永先生についてのこのブログの記事を再掲し、追悼したい。合掌。 有斐閣の『書斎の窓』最新号の自著紹介欄で、大阪大学の友枝敏雄先 … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の仕事 | 2件のコメント

シラバスって何のため?:居眠り会議の感想

どうも、病気が寛解しても職場の会議は苦手で、ついウトウトしてしまう。夢うつつに聞いていると、お上のお達しで、シラバスの英語版を作れ、シラバスに「実務経験」を書けということらしい。 シラバスというのは、私が学生だった30年 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

名前、それは燃えるいのち:歴博「日本の中世文書」展を見る

「名前それは燃えるいのち」。ゴダイゴの名曲「ビューティフル・ネーム」の感動的な歌詞、「ひとつの地球にひとりずつひとつ」と続く。でも実際はどうなんだろう。千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館の企画展「日本の中世文書」を見な … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

「人生3回大学」説批判:一応20年近く社会人を教えてきた経験から

リフレクシブではなくクリティカルに行きましょう。先便のコメントで取り上げた「人生で3回大学に入るべき」説、まともな大人なら皆失笑して済ますところだろうが、いくら怖いとはいえ、同業者の「まじめな」発言なので、「まじめに」批 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

紙魚のごちそう:成城大学柳田文庫を訪ねて

紙魚(シミ)のごちそうは書庫の奥にしまわれた古本である。五月晴れというよりもう盛夏といっていい土曜の快晴の朝、私は成城大学柳田文庫を訪ねて、窓のない書庫を巡り、古本を開いて満腹した。 一応目的は授業の準備で、社会調査法で … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

愛弟子の死を悼む

Sさんは、私たちの社会人大学院の3期生で15年前に入学、当時大学の近所の看護学校の教頭先生だった。当時ベテランナースが多く入学していて、別の先生のゼミに集まっていたのに、彼女はなぜか私の指導を受けようと思ったらしい。 最 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

実践の社会理論とは:山本馨『地域福祉実践の社会理論』に寄せて

山本馨『地域福祉実践の社会理論』(新曜社,2018)を出版社より恵贈された。山本氏は私たちの社会人大学院の修士課程を修了した後、上智大学の大学院で、福祉社会学の第一人者藤村正之先生の下で学び、博士号を取得した。その博士論 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

「心に響く」社会学とは:社会人大学院ゼミの同窓会での気づき

4月で18年目になる社会人大学院のゼミの修了生が集まって勉強会と懇親会をやるので、出席した。勉強会の方は、研究者になった2人の方の研究報告の後、余興で私が古市憲寿『古市君、社会学を学び直しなさい!!』(2016,光文社新 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする