私の仕事」カテゴリーアーカイブ

最初の非常勤講師:池周一郎先生の学恩

ウェブでの調べものの途中、偶然帝京大学の池周一郎先生のお名前を見かけて、とても懐かしくなった。池先生は私に最初に非常勤講師の機会を与えてくださった恩人である。 当時先生はまだ早稲田の大学院生だったが、なぜか東大の盛山和夫 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

テキトー社会調査法6(最終回):安田三郎『社会調査ハンドブック 第3版』(1982,有斐閣)の思い出

3年生になって社会学科に進学すると、社会調査実習という授業があった。蓮見先生が東大に赴任されて初めての実習とのことだった(前年赴任時に3年生を、あの神奈川県大井町に連れて行かれたことがあったそうだが)。まず調査地決めで揉 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

テキトー社会調査法5:西平重喜『統計調査法』(1957,培風館)頌

大学3年生の秋、そろそろ大学院入試の試験勉強を始めようと思って、助手の町村敬志先生に「社会調査法の復習(授業は2年生に履修済み)には何がいいでしょう」とたずねた。町村先生はすぐに「西平重喜さんの『統計調査法』がいいよ」と … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | 1件のコメント

テキトー社会調査法4:福武直・松原治郎編『社会調査法』(1967,有斐閣)のキモ

1954年の『社会調査の方法』から13年、1967年の『社会調査法』には大きな変化があった。 第一は福武グループの成立である。『方法』はいわば福武の弟たちの共作だが、『調査法』ははっきりと弟子たちと指導学生たちの共作であ … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

てっちゃん挽歌:テキトー社会調査法番外編

たくさんのお弟子さんたちには申し訳ないが、前便を書きながら急に「てっちゃん」のことを思い出してしまったので、少し書いておきたい。 社会学研究室の助手(東大最後の2番手助手)になって、ある日事務嘱託の方が、書架に展示された … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

テキトー社会調査法3:福武直編『社会調査の方法』(1954,有斐閣)のキモ

はじめてこの本を読んだのは早く亡くなられた先輩、田中宏さんの教科書『社会学の視線(まなざし)』(1998,八千代出版)の企画に誘われた時で、都市社会学について書いてほしいと頼まれて、学説史を遡っていたときに出合った。「ば … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | 1件のコメント

テキトー社会調査法2:福武直『社会調査』(1958,岩波書店)のキモ

どれほど多くの社会学者がこの本で社会調査を学んだのだろう。いや、社会調査はするもので学ぶものではないよ、という人も昔は多かったに違いない。 私としてはこの本のキモは写真の通り、90~91ページの社会調査の予算表である(私 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

テキトー社会調査法:社会調査法の教科書史を遡行する

研究室に行けないから、自宅にある本とテキトーな記憶でごまかしている。今日から始まる社会調査士B科目、中身は28年間変わり栄えせぬ、角のとれた金平糖。 自宅にある本、『方法』が54年で一番古い。『調査』が58年、『ハンドブ … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 読書ノート | コメントする

採用面接で聞いてはいけないこと:厚生労働省の方針をみて

前に小耳に挟んで、ずっと気になっていたことがある。「面接で愛読書をたずねてはいけない」ええっ、何で? 私は20年近く社会人大学院を担当していて、最初は応募者が多くて筆記試験もやっていたが、だんだん人気がなくなり、後発のブ … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事 | コメントする

現代日本人の意識構造:児島和人先生追悼

https://www.nhk.or.jp/bunken/book/irregular/ishiki_9.html 『現代日本人の意識構造 第九版』の「はじめに」で、児島和人先生のご逝去を知る。黙祷。この調査の神主(ご神 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 私の仕事, 読書ノート | 3件のコメント