月別アーカイブ: 2013年6月

昔の詩

4年前のちょうど今頃、仕事で行き詰まったとき、夜明け前の多摩丘陵を歩いて家に帰ったときに思いついた詩を1つ。 **** すべて萌え出る五月の野を ひとり敗残の兵はゆく 夜明けの浄められた大気の底 朝露ふる草原を分け 呪わ … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理 | コメントする