月別アーカイブ: 2016年6月

「明治の五十銭銀貨」再読

イギリスがEUから離脱するという。授業で「ポストウェストファリア体制」とか言っている身としてはちょっと困る。しかし、もっと困るのは、国内のニュースがわが国に対する経済的影響ばかりを語ることだ。出てくるのも経済評論家ばかり … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

『レガシーズ』と『アメリカ村』

A.ポルテスの『レガシーズ』(邦題は『現代アメリカ移民第二世代の研究』)を読んで、それがW.トマスとF.ズナニエツキの『ポーランド農民』(1920)をていねいにフォローしていることに感心した。学問世界が市場社会、競争社会 … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の仕事 | 2件のコメント

4人目の私の先生

大学ではじめて社会学を教わったのは折原浩先生、卒論と修論の指導教官は蓮見音彦先生、博論の指導教官は似田貝香門先生。しかし、いつでも私は不肖の弟子だった。折原先生に学んだのに大塚久雄が好きになり、蓮見先生に習ったのに農村研 … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の仕事 | 1件のコメント

『マスケティアーズ』驚きの展開

NHKでBBCの『マスケティアーズ=三銃士』というドラマをやっていて、面白いので家族で見ている。ちょっとガンファイトとベッドシーンが多すぎるのが玉に瑕。ところが今週驚きの展開が。一番の敵役のリシュリュー枢機卿が何のドラマ … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | 1件のコメント

久しぶりに体調を崩した理由

昨日職場の会議に出た後、久しぶりに心身の調子が悪かった。ずっと吐きそうだった。職場が原因の病気だったので、やっぱりやめておけばよかったと思った。が、そうした自分もできればていねいに見直していきたい。何が悪かったか省みると … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理 | 1件のコメント