月別アーカイブ: 2017年2月

故郷は遠きにありて思うもの:NHK『ブラタモリ』神戸篇を見る

2回の放映で、前篇は途中までしか見られなかったのでその限りでの感想になる。前篇が兵庫津の話ではじまり、後篇も途中からは湊川の話だったので、北野の異人館街の話はあれ、神戸の紹介としてはひねったものだったと思う。紹介する店が … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 見聞録 | 1件のコメント

『ツィゴイネルワイゼン』で映画に目覚めた頃:鈴木清順監督追悼

高校生の頃、亡き父が録画していた『ツィゴイネルワイゼン』を見た。たぶん性に目覚める頃で、ポルノシーンを期待して見たのだと思う。しかし、そうではない世界に魅せられてしまった。それまで見てきた映画は、たとえば寅さんシリーズや … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録 | コメントする

傑作とは言えないけれど:スコセッシ監督『沈黙』を見る

残念ながら原作を読んでいない。遠藤周作はもっぱら狐狸庵先生(ATOKで変換できない!)シリーズというか、阿川弘之や北杜夫のエッセイの敵役のイメージで(役名「町田の大家さん」)、『海と毒薬』も熊井啓監督の映画だけ、『深い河 … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | コメントする

一番都市らしかった場所:新宿中村屋の旧2階ルパを惜しむ

都心で夕方早く仕事が終わって、久しぶりに新宿経由で多摩の仮寓に戻るので、中村屋に寄ってインドカリーを食べて、紀伊國屋で本を買った。インドカリーの美味しさは変わらず、薬味のマンゴーチャツネが増量されていてうれしいのだが(入 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 食いしんぼう | コメントする

ムラヴィンスキーだけが正しいのではない:N響定期演奏会に教えられる

昨夜ETVで放映されたN響の定期演奏会は、近頃にない、素晴らしい出来だった。ショスタコーヴィチのプログラムで、ピアノ協奏曲第1番も交響曲第12番も納得、感動の演奏だった。指揮の井上道義の研鑽、とくにハーモニーへの分析力と … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | コメントする

自然村化する行政村:山崎仁朗先生追悼

学会の会報を通して、山崎仁朗岐阜大准教授の訃報を聞いた。山崎先生はほぼ私と同年で、先日の道場親信先生と同じく、厳しいがん闘病の後、亡くなったとのことである。 10年ほど前に、私はそれまで数年間ひとりで細々と続けていた中山 … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の「新しい学問」 | コメントする