月別アーカイブ: 2018年4月

GWは家族で映画鑑賞:R.ペック監督『マルクス・エンゲルス』を見る

メーデーも明日なので(連合さんは一昨日のようですが・・・)、今日は家族で、R.ペック監督の映画『マルクス・エンゲルス』(現代はフランス語で若いカール・マルクス)を鑑賞。当然客席には家族連れも若いカップルもほとんどいない。 … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | 2件のコメント

「教養合戦」を超えて:亀山郁夫・沼野充義『ロシア革命100年の謎』を途中で投げ出す

学生時代、ある素敵な先輩の発言にびっくりした。別の先輩と趣味の話で盛り上がっていたら、「そういう『教養合戦』って、東大生の一番嫌なところ」と言われたのだ。とくに知識の量を競っているつもりはなかったが、好きなものの知識を際 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 読書ノート | コメントする

ウェブで論文新連載:「『美しい国』の構造分析―日本農村社会学とは何だったのか」

幻冬舎ルネッサンスアカデミーから声をかけられて、論文をウェブで発表することにしました。学生時代に習った日本農村社会学をもう一回読み直してみようという趣旨で、後半には私のフィールド体験も書くつもりです。 子供の特撮とかに出 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」 | コメントする

愛弟子の死を悼む

Sさんは、私たちの社会人大学院の3期生で15年前に入学、当時大学の近所の看護学校の教頭先生だった。当時ベテランナースが多く入学していて、別の先生のゼミに集まっていたのに、彼女はなぜか私の指導を受けようと思ったらしい。 最 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 私の心情と論理 | コメントする

では、男の子は何をしているのか:河野真太郎『戦う姫、働く少女』を読む

河野真太郎『戦う姫、働く少女』(2017,堀之内出版)を楽しく読んだ。まず題がいい。読む前に結論が分かり、読んだ後も失望しない。話もよく絞られ、取り上げるメディア・コンテンツもオタク的に偏っていないので、著者よりさらにオ … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 読書ノート | コメントする

ゲゲゲの鬼太郎邸訪問!:京都高台寺時雨亭の数寄

ついにゲゲゲの鬼太郎邸を訪問!というのはフェイクニュースで、これは京都東山高台寺にある重文の茶室時雨亭である。先日研究交流のついでに(遊びじゃありません)、念願の訪問を果たした。実際に見ると、研究書で見たよりずっとゲゲゲ … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 見聞録, 食いしんぼう | 1件のコメント