そんな昔のことを勉強してどうするの?:社会学的方法の基礎、その2

わがゼミ生が、別の先生に「ゼミで『菊と刀』を読んでいます」と言ったら、「そんな昔のことを勉強してどうするのかねえ」と言われた、と言っていた。私の常識では、ハラスメントでない限り、同僚が教えていることについて学生にとやかくいうのは、職業倫理違反だが、そのことを問題にしたいのではない。『菊と刀』は確かに昔出版された本で、昔のことが書いてある。でも、そこでの議論の社会学的意味や著者の社会学的思考はけっして(たとえば雨乞いを信じていた昔の人のように)古びてはいない。たとえ古びていても、その古び方を議論することは、新しい思考を創り出す上で避けて通れない。ここは学問という営みの中で最も揺るぎないところだと私は思うが、そう思わない人もいるのである。

社会学は他の社会学諸分野に比べてこの点やや分が悪い面がある。というのは、経済学のように一学問一学部だと、当然その正統性を確保するために歴史的分野が確保される。大学の経済学者なら、「アダム・スミスなんて勉強してどうするのかねえ」とは(表だっては)言わないだろう。社会学もわが母校のように文学部の一学科なら、歴史的分野がないのは他の学科から馬鹿にされるし、一橋のように事実上歴史学部(上原専禄から安丸良夫まで!)なら、やはり歴史を軽視することはない。しかしいずれでもない、根無し草のわが学部では、他の分野と差異化を図って版図を広げるという意味でも、どうしてもジャーナリスティックな、突撃ルポ的な、バラエティ風な感じが強くなってしまうのである。しかし、そうしたことは本業のジャーナリストや小説家(新しいという意味でのノベル)に任せればいいし、それらは公共図書館でいつでもいくらでも読めるので、わざわざ年100万も払って山奥に来て学ぶことではないのではないか。こうした針の偏りを少し戻すために、あえて昔のことをやっているのだ。

かくいう私も、自分の専門分野の古さに飽いて、新しい看板に掛け替えることにしたのである。しかし、その新しい看板のもとでも、やはり昔の勉強をするにことは変わりない。たとえばカントとか!だって、サンデルだってデリダだってカントやっているでしょう。

ちなみにその学生に、私は故北川隆吉先生のように「あいつの分野は昔は景気がよかったが、今はもう終わってるんだ」なんて悪口は言わなかった。「この本を読みながら、みんなで考え方を深めようと思っているんだけどね」と言った。心底そう考えているのである。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 私の仕事 パーマリンク

1 Response to そんな昔のことを勉強してどうするの?:社会学的方法の基礎、その2

  1. 中筋 直哉 のコメント:

    今わが学部には哲学者が1人もいない。来年度になると心理学者も1人もいなくなる。哲学の方は、新規採用で哲学をとるか社会思想史をとるか、議論になっているそうである。私に言わせれば両方必要だ。哲学の先生には分析哲学や論理学のようなことを教えてほしいし、社会思想史は成瀬治先生の『近代市民社会の成立』(東大出版会)のように、社会科学の基礎の基礎である。しかし70人近い教員定員を擁しながら、この2枠を作るのが現実にはとても難しい。かくいう私も昔哲学の先生が退職された後の人事のとき当時の執行部に誑かされて、はやりものの分野に賛同してしまった。実に情けない思い出である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください