木綿の花咲く

5月に三河岡崎の奥殿陣屋を訪れた際、木綿の種をもらった。植木鉢で育てたら、8月下旬になって次々と花が咲き始めた。かつて育てたオクラに似た花。プロト工業化時代の和泉平野や三河平野は、春は菜の花、夏は木綿の、一面のお花畑だったのだろうと想像する。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: わが花と実 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください