私の名古屋メシ

愛知県に住んで14年、名古屋市に住んで10年になる。名古屋メシというと、ひつまぶしとか味噌カツとかだが、私のお気に入りは調味料だ。まず味醂。酒と砂糖で味付けする家に育ったので、その味わいは驚異だった。お気に入りの銘柄は「九重櫻」。そのまま酒として飲んでもいけると思う。次に味噌。関西生まれなので慣れるのに5年くらいかかったが、今は大丈夫。一番のお気に入りは、豊田市の味噌店(写真)の豆粒の残った「日本大豆」という銘柄。高価なので日常使いは同じ店の「無為自然」。いうまでもなく酢やケチャップもこの土地の特産品だ。愛知県が農業から工業への発展を順調に遂げた証であり、後の工業化を裏付けたプロト工業化の潜勢力の証でもあると思う。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 食いしんぼう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください