探検する精神に出合う:岩波新書『ナンセン伝』を読む

自分の学問をグローバルにしたくて、少しずつ素人勉強を重ねている。今「難民」を調べているのだが、その途上で「ナンセン・パスポート」という史実に突き当たった。第1次世界大戦後、ソ連からたくさん流出した難民に、国際連盟から高等弁務官に任じられた探検家F.ナンセンが与えたパスポートのことで、後にノーベル平和賞が授けられた。

そこで私は複雑な気持ちになった。というのは、ナンセンには少年時代の嫌な思い出がつきまとっているからである。小学校4年生の頃、私は祖父の書架にあったスヴェン・へディン全集にはまっていた。ほとんどすべて忘れたが、当時は覚えるくらい繰り返し読んだのだ。ところが、次の年、同級生の1人が『ナンセン伝』の読書感想文で、全国レベルの賞を受賞した。私はへディンにはまっていたのにナンセンを知らず、また作文なら自分が一番だと思っていたので、プライドをひどく傷つけられた。他の同級生たちは、彼の作文は親が書いたと噂していた。なぜなら、小学校5年生が『ナンセン伝』など読むはずがないから。その噂に、へディンにはまっていた私はさらに動揺した。それで機会をみつけてその同級生を捉まえ、どうしたかは忘れたが、とにかく卑怯な手段で侮辱した。そのときはそれで憂さを晴らせたのだろう。同級生の泣き面や自分の卑怯さは忘れてしまったが、嫌な気持ちだけはずっと残った。だからナンセンも封印してしまったのだ。

大学2年生のとき、東大駒場キャンパスの大通りで、その同級生から声をかけられた。彼は別の受験進学校から東大に進んでいたのである。向こうは表面的には懐かしそうに声をかけてくれたのだが、私には嫌な思い出を思い出すだけだった。そのうちゆっくり飲もうと言って分かれたっきり、今まで会ったことはない。今どうしているのかも知らない。

気持ちを新たに『ナンセン伝』を読もうと思ってアマゾンで検索すると、岩波新書1950年の初版以来再版されていない。大学の図書館で借りてみると、戦後すぐの新書はもうボロボロで開くのもままならず、あわてて返してアマゾンで古書を買い直したが、やはりそれもボロボロで、そうっと頁をめくって読んだ。なお、1970年頃に挿し絵が入った少年文庫版が出ているので、同級生はそれを読んだのだろう。

内容は学術的な評伝というより英雄物語で、ただ、高等弁務官としての難民支援は終わりの見えない難業であり、かつてフラム号による北極探検(極には到達しなかったが)を成功させた超人ナンセンでも、ほとんど殉職のように亡くなったようだ。感想文を親が書いたかどうかは別として、小学生頃のあの同級生が、どのような気持ちでこの出口なしの悲劇を読んだのか、あらためて聞いてみたい気がした。

こうしてナンセンは私の知識の中に入ってき、今同時代のへディン、そしてF.ボアズと並ぶ、探検と社会を征く近代精神史のモデルとして、繰り返し参照すべき対象となった。

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 私の心情と論理, 読書ノート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください