夏休みの読書感想文:Y.コスチャショーフ『創造された「故郷」』(2019,岩波書店)

ぼくには前からぜひ行ってみたいと思う町があります。その町の名はカリーニングラードといって、ソ連の町です。ソ連はロシアになりましたが、レニングラードのように名前を変えることなく。今もカリーニングラードです。なぜその町に行きたいかというと、算数の本に「一筆書き」の話がのっていて、オイラーという昔のえらい数学者が、この町の中の島にかかる7本の橋を2度渡らずに全部渡れるかどうかという問題を解いたのだそうです。ぼくも7本の橋を渡ってみたいです。後で、この島の真ん中にあった大聖堂には、これも昔のえらい哲学者のカントのお墓があることを知りました。カントはこの町から一歩も出ずに世界の成り立ちについて考えていたそうです。カントの墓もたずねてみたいです。

この夏休み、カリーニングラードについて書かれた『創造された「故郷」』という本を読みました。最初の部分でぼくは泣きそうになりました。ソ連がロシアになって、外国人がこの町に入ってもいいことになったとき、ドイツの老人たちが何人もこの町を訪れ、自分が生まれ育った家を探して歩いたそうです。ソ連になるまではこの町はケーニヒスベルクというドイツの町だったのです。でも、そうした老人たちはみんな悲しげで、昔を取り戻したよろこびとはほど遠かったそうです。ドイツがそこで何をしたか、ナチとかホロコーストとかを思い出すと、老人たちがよろこべないのも分かる気がしました。

ぼくは、山田洋次さんという映画監督が大連での少年時代を話すのや、小澤征爾さんという指揮者が瀋陽での少年時代を話すのをテレビで見たことがあります。2人ともうれしそうでした。それと大ちがいなのでびっくりしました。

この本の大部分は、ケーニヒスベルクではないカリーニングラードの歴史をソ連の人びとがどう創り出したかという話です。そのなかで一番読んでいて苦しくなったのは、はじめてカリーニングラード建設の責任者になったイヴァーノフという人の話です。その人は一生懸命仕事をして、もっと仕事がうまくいくようにスターリンという指導者に手紙を書いたのですが、スターリンに呼び出され、失脚して自殺しました。ぼくは、まるで自分のことを読んでいるような気持ちになりました。ぼくは自殺しようとは思いませんでしたが、生きていても意味がないとは思いました。そう思うようになる筋道がよく分かったので、苦しい気持ちになったのだと思います。

行ってみたいカリニーングラード、でもたぶん行けないと思います。行けないけれど、この本を読んで、少し近くに感じられるようになってよかったと思いました。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 読書ノート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください