just friend を喪う:ハーベスト社小林達也さんを悼む

FBのつながりのなかで、出版社ハーベスト社の小林達也さんの急死を知った。合掌。

20代から30代の駆け出しの頃、いつも小林さんに会っていた気がする。所属する学会の大会や研究会に出ると、いつも小林さんが本を売っていた。そして、いつも気さくに声をかけてくださった。でも、あまり長く話すことはなかった。今から考えると、なぜだったのだろう。

当時、ある学会の機関誌を、元の出版社からハーベスト社に切り替えるということがあって、その作業を担当の編集委員長3代にわたって手伝った。といっても、私の仕事は元の出版社を切る方だったので、小林さんと機関誌の明るい未来を語り合うことはなかった。今から考えると、どうしてあんな気の滅入る仕事をやらされたのだろう、と思うけれど、たぶん元の出版社が私の師匠と深く関係していたからなのだろう。もうその出版社はない。

その後も、小林さんと仕事の話をすることはほとんどなかった。FB上で、若い社会学者たちが小林さんとの最初の仕事の思い出を書いているのを見ると、嫉妬ではないが、遠い感じがする。私にはそうしたことはなかった。

私が学会から足が遠のいて、長くお会いする機会がなかったのだが、病気をした後FBを書くようになって、そこでつながった。そこでも仕事の話はほとんどなく、音楽の話を中心に、小林さんの多彩な趣味に驚かされ、学ぶばかりだった。

2年くらい前に、どこかで偶然お会いしたとき、「中筋さんの仕事、ずっと興味を持っていました」と言ってくださった。私はすぐに、決して悪い意味ではなく、「仕事上は縁がなかったし、これからもないですね」という意味だと察した。そして、何だか、とても温かい気持ちになった。だから、小林さんは私にとって(C.フィッシャーのいう) “just friend” だったのである。だから、とても悲しい。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 私の心情と論理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください