歴史社会学って何?:小熊英二『日本社会のしくみ』を読む

社会人大学院の文献講読で小熊英二『日本社会のしくみ』(2019年,講談社現代新書)を読んだ。大企業や公務員のOB、OGは経験上ピンとくるところがあるようだったが、私には、彼の言う「歴史社会学」を少し理解できたような気がしたことが収穫だった。実はこれまでまったく理解できず、どれを読んでも出来の悪い学生のように途中で居眠りし、放り出していた。だってェ、先生の話長すぎ・・・。

理解できたというのは、たとえていうならこんな感じだ。4,5,6というデータが与えられたとき、私は互いの差を取ったり、素因数分解したりして、データの「構造」を分析しようとする。1つずつ増えていくという構造理解もできれば、5を取り除いて、4と6の公約数は2という構造理解もできる。前者なら6の次は7と予測でき、後者なら8と予測できる。私の思考は後者のタイプなので、「しくみ」とは2(あるいは2の倍数)のことだ。

一方で、4,5,6という数字の並びそのものをできるだけ正確に記述しようという思考法もあるだろう。歴史学というのはそうしたものではないか。もし元のデータに5が見当たらない場合、5を見出すまでしぶとく探し続けるのもその一環だ。逆に、次が7とか8とかいうのは邪道である。

小熊氏の思考法は以上のどちらでもないようだ。4,5,6のうち5を取り除いて4,6をそのまま「しくみ」と言っているように思われるのである。だから、それを「歴史」(5を取り除くな!)+「社会学」(1か2を取り出せ!)という意味が私には理解できなかったのだ。しかし、まあそういう思考法もあるだろう。5(この本の場合、それは家事労働も含む女性の労働である)を取り除いた正当な理由さえ、明記されていれば。なお、彼には次が7とか8とかいう気もないのだろう。4と6を2の倍数としてではなく理解することが重要なのだ。

そう言えば、私たち(小熊氏は私より年長だが、研究歴はやや若い)が学生の頃、文学や芸術の評論に、1や2といった「構造」ではなく4,5,6といった「表層」を見るべきだという流行があったことを思い出した。小津安二郎監督の映画『麦秋』で繰り返し映される「鳥かご」とか。昔習ったことはなかなか忘れられないものである。この考え方だと5を取り除いてはいけないはずだが、実際の多くの評論は、理由を明らかにせずに5を取り除いていた。

この本を読んだからと言って、私は2と取り出そうと苦心する自分の思考法を捨てないだろうし、4,5,6,をできるだけ漏れなく見出そうとする自分の調査法も捨てないだろう。その意味で、小熊氏の学問と私の学問は決して触れあうことはない。

大学院生指導的には、先行研究として、福武直『日本社会の構造』(東京大学出版会)も、富永健一『日本の近代化と社会変動』(講談社学術文庫)も引用、検討していないのは、学術書としてはバツですよ、ということになる。

 

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 読書ノート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください