私の名古屋メシ2013

私の名古屋メシの要諦は調味料だと1年前に書いた、その続き。名古屋ではないが愛知県内の蒲郡市に優れた食材が2つある。1つは竹本油脂の太香胡麻油、太白の方は東京でも入手できるかもしれないが、こちらの方がワンアンドオンリーで美味しいと思う。中華料理の仕上げには欠かせない。もう1つは金トビめんの国産小麦きしめん。名古屋に越してから、ずっと手に入らなかったが、この夏近所のスーパーが売り出したので、この夏は素麺でなく、こればかり食べていた。上手にゆでると半透明の輝きがでて実に美しい。もちろん、蒲郡はコハダやシャコなど「江戸前寿司」のネタの産地だし、幻のアカザエビも水揚げされる。アカザエビは豊橋に住んでいた頃はよく食べたが、名古屋に来てから食べていない。もう食べられないだろうな。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 食いしんぼう パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください