病を得て1年あまり

職場でのトラブルが原因で「適応障害」と診断され、さらにうつ症状を悪化させて低空飛行の生活を続けて1年あまり。まだよくなった実感はないが、すこしだけ前向きな気持ちが起こってきたような気がする。けれども1年間、多くの日常的な生活のかたちを壊してきてしまった。元に戻すというよりも、これからの新しい生活のかたちを少しずつ模索できるといいと思っている。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の心情と論理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください