私のオンライン授業:動画は使いません

ヤクザと警察がグルになって扉の外でスゴんでいるような、持病のうつのせいか、そんな気がする近頃の世情。にもかかわらず相変わらず自分流のオンライン授業を続けている。

春学期のはじめには動画をアップする環境が整わないと言われ、また双方向性を確保しろと言われたので、どの大学にもあるだろう「学習支援システム」の掲示板機能を使って書き込みで授業をはじめた。pdfファイルにしたレジュメと10分程度の音声ファイルを2~3本視聴してもらい、それについて補足説明を書き込み、質問や意見も書き込んでもらう。そんな原始的なやり方で、と笑われるだろうが、意外にもリアルな講義より質問や意見が出やすかった。ただ一斉に質問が来ると授業の進行が乱れる。100分間の授業で質問や意見の書き込み数は4~6くらいだが、私の返信や補足説明を合わせると書き込み数100に達することがしばしばある。1分1書き込み。こうなるとほとんどしゃべくり漫才状態だ。結果、他の授業の音声ファイルを間違ってアップして、さらにクレームの一斉書き込みが・・・。

社会調査士という資格があって、最初はやる気で取り組んでいたのだけれど、今は馬鹿馬鹿しくて一日も早くやめたい。でも色々なしがらみからC科目というのを担当している。受講者数400、まあつないでいるのは50くらいですけどね。これが前半はさまざまな社会調査データとくに公的統計(昔の政府統計)を読む基礎を教えろ、後半は平均からピアソンの積率相関係数まで統計学の基礎を教えろという、不細工なキメラのような内容で、はなはだ教えにくい。こんな科目を考案したヤツの気が知れないし、教わる方は本当に気の毒だ。

しかしいいこともある。4回目まで済んだところで学生たちの書き込みを読み直してみると、実に興味深い。彼女ら彼らが引っかかっている論点は、「事実」と「客観性」の2つである。私が事実は多元的だとか主観も研究対象だとか言うので彼女ら彼らは混乱し、科学がそれでいいのですか、と反応してくる。このやりとりの先にあるのは社会調査法などではなく、科学論、科学哲学の核心であって、チンケな社会学者のとても務まるところではない。だが、残念ながらわが学部には哲学の専任教員はいないので(この犯罪的人事の片棒を担いだのは他ならぬ私だ)、何とか私なりの答えを用意しなければならない。私が用意できるネタは、柳田国男『不幸なる芸術』とか林知己夫『調査の科学』とか、その程度である。

でも、こんな貧困な授業を通しても、学生たちが人間の思想としての科学って何だろう、と疑問に思ってくれれば、それほどうれしいことはない。ヤクザと警察に恐怖しながらも、そこに微かな希望を見出したいと思う。

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 未分類, 私の仕事, 私の心情と論理 パーマリンク

5 Responses to 私のオンライン授業:動画は使いません

  1. とある生徒 のコメント:

    先生の授業を受けました、とある学生です。
    先生の授業は、社会調査だけでなく社会学理論への道標となる素晴らしいものでした。何より先生が授業時間内に私達の、時には拘りすぎた、偏りすぎた数々の質問を解きほぐしながら思考を促す解答を全てに出しきるところに感嘆しました。
    深くて広い、知識と思考の空間を先生が持っているからと思います。
    対面授業やらオンライン授業やら、本当に大変と拝察いたします。
    くれぐれもお体にはご留意ください。

  2. 中筋 直哉 のコメント:

    とある生徒さん、コメントありがとうございます。うれしく思います。でも私、結構キツめの回答を返していませんか。対面とちがって書き込みだと互いにちょっとキツめになりがちですよね。少なくとも私は感情的な人間で、最初読んだときカッとなることが多いので、よければ「続」まで読んでください。「続」がついている回答は、少し落ち着いて、反省して書いていることが多いと思います。皆さんの質問や意見は、私たち教員の一番の研究のタネであり、傲慢さへの薬なので、是非がんばって書き込んでくれるとうれしいです。

  3. とある生徒 のコメント:

    とある生徒です。ご返信ありがとうございました。個人的には授業での先生のご回答をキツイと思ったことはないです。でも、いつも続きがあるときには違った角度からの意見が述べられているように思いました。「続」があることでとても参考になることもありました。単なる感想に過ぎませんが、何かお役に立てれば幸いです。

  4. 中筋 直哉 のコメント:

    とある生徒さん、ありがとうございます。ご指摘の通り、皆さんの多様な思考の入口になれるよう、努めたく思います。この秋学期受講されている方ではなかったのですね。最初の返信にはそこに勘違いがありました。ご寛恕ください。

  5. とある学生 のコメント:

    先生、仰る通りです。名乗らなくてすみませんでした。春学期前半に授業を受けた博士課程の学生です。名乗るほどのものでないと思い、一学生の意見として、というつもりでした。先生が丁寧にご返信される上で逆に煩わしいことになっていたようで、こちらこそ申し訳ありませんでした。どうぞご容赦ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください