今はない東京:佐賀町食糧ビル

http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/index.htm#kikaku

かつて存在したこのアートスペース、アタシの専門とちょっと関係あり。深川佐賀町の食糧ビルは食糧管理制度以前は現物米を取引する「正米」市場で、アールデコの3階建てに囲まれた中庭が場立スペースだったはず。

かつて東京のコメの値段はここと日本橋蛎殻町の「期米」市場(今の東京商品取引所)で決まっていた、というのが昔「東京の米騒動」という論文を書いた男の弁。

今はないこの建物、降旗康雄監督『あ·うん』(1989,東宝)の、高倉健演じる主人公の経営する会社として永遠にフィルムに残る。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 東京漂流, 私の仕事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください