2016今年のバラが咲きました

img_12162005年に前の黄色のシエンタを買ったとき、ディーラーがおまけでくれたミニバラ2鉢、枯れた株を整理して1鉢にまとめ、ベランダで育ててきた。肥料を多めにやると、ミニバラとは思えない大きな花をいくつもつけた。病気になるちょっと前から株がいくつか枯れてしまい、さらに病気の間全く世話をしなかったので、もう枯らしてしまったと思っていた。車はワインレッドのシエンタダイスにかわり、一戸建てに引っ越して小さな庭の片隅に放置していた。

今年の初夏、1株残った株に1つ花芽をつけたが、まだ気をかけられずにいた。するとこの秋花芽を4つつけ、次々と咲かせている。最盛期のような大きさではないが、同じ乾いたピンク色の、芯にカップの入った剣弁咲きだ。

花が終わったら、土を変えてやろう。咲かなくなるまでは、また咲けるようにしてやろう。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: わが花と実 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください