扇の港より」カテゴリーアーカイブ

忘れることのない備忘録:わが家の戦争の記憶

忘れることはないけれど、改めて記そうとすると不正確な部分が多い。祖父母も父も死んだ今となっては確かめるすべがない(歴史学者のようにやればできるが)。いつか深掘りするための備忘録として。 学童疎開が始まった44年夏、国民学 … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 私の心情と論理 | コメントする

へいさんの思い出:魂の季節に寄せて

テレビでアナウンサーが「魂の走り」と叫んでいる。魂、そういえば今は魂の季節だ。子どもの頃は7日が(旧暦の)七夕の売り出しで、その後お寺さんの施餓鬼、盆に入ると丹波篠山にある墓に泊まりがけで参り、中日前後にお寺さんの棚経、 … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 私の心情と論理 | コメントする

故郷の味を求めて:夏休みに読む本

まだ夏休みではないけれど夏休みに読む本を借りてきた。『フランスパン・世界のパン 本格製パン技術:ドンクが教える本格派フランスパンと世界のパン作り』(2001,旭屋出版)。今から脱アカしてパン屋になろうというのではない。子 … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 食いしんぼう | コメントする

私の「二次的定住」

友人が1960年代の大阪の「スラム」を記録した映画をFBにアップしているのを見て、ふと思い出されたことがある。 私の生まれ育った町は神戸の造船所や紡績工場の間を埋める「細民街」だが、祖母は商店街のなかに一応店を張り、戸建 … 続きを読む

カテゴリー: 扇の港より, 私の心情と論理 | コメントする