月別アーカイブ: 2020年5月

中筋直哉のォ(香川照之風に)「ことばの臨床社会学」その1

同業者(面識はない)の本に『ことばの臨床社会学』というのがあるが、僕ならこうなっちゃうな、というところを少し続きで書いてみたい。 写真は近所の標識、多分区役所が立てたもの。imperial marshal とは厳めしい。 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

授業で動画は使いません:片山杜秀先生の名調子に学ぶ

分相応を考えて、授業は掲示板上のチャットと音声ファイルでやっている。が、この音声がなかなか上達しない、というかだんだんダレてダメになっていく。上手に学ぼうと、NHKFM『クラシックの迷宮 選』を聴く。慶應の片山杜秀先生、 … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

料亭若松の女将、高橋とよ:朝日新聞の歴史記事から

昨日の朝日夕刊の新連載「芸の足跡」に千田是也がブレヒトの『三文オペラ』を改題上演した時(1932年)の写真が掲載されている。千田と細川ちか子、榎本健一が写った写真は、近代日本演劇史の第一級の史料だ。 しかし私が目を見張っ … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録 | コメントする