月別アーカイブ: 2022年9月

都市騒乱を語る言葉:映画『暴力をめぐる対話』を見る

http://bouryoku-taiwa2022.com/ まず邦題がおかしい。原題のフランス語は「お行儀のよい国家」であり(たぶん警察官が逮捕した市民に吐いた暴言が元ネタ)、英題は端的に「暴力の独占」である。映画の中 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

謎のアーティスト:河原温を見に表参道に行く

昭和が終わった時、竹橋の近代美術館で昭和の美術の回顧展があった。当時美術に興味は無かったが、戦争画が出るというので見に行った。戦争画だけでなく教科書で見るような絵や彫刻がたくさん出ていて、いちいち感心して見て回ったのだが … 続きを読む

カテゴリー: 東京漂流, 見聞録 | コメントする

無功徳:『臨済録』のお気に入り

一遍や日蓮、最澄や空海と自分の家の宗門でないことばかり書いている。うちは父方が曹洞宗、母方が臨済宗妙心寺派である。禅、うーんあんまり興味ないな。 先日学生時代以来37年ぶりに鎌倉円覚寺を訪れたら(主たる目的地ではなかった … 続きを読む

カテゴリー: 見聞録, 読書ノート | コメントする

我が爲に佛を作る勿れ:最澄『顕戒論』に沈潜する

珍しく飽きが遅くて(秋は早いのに)、あいかわらず最澄と空海を読んでいる。今日は最澄の『顕戒論』、これがむやみに面白くて授業に行くのを忘れるほど。南都諸宗からの論難への反駁書で、博覧強記はもちろん論理の明快さは現代の分析哲 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 読書ノート | コメントする

ネットメディアに出ました:33年前の卒論の結論を繰り返す

https://www.youtube.com/watch?v=cLCAGu0gB6s はじめてネットメディアなるものに出演した。夏休み中に突然依頼され、1週間くらいで撮影隊が来た。そう撮影隊が来たのである!依頼された時 … 続きを読む

カテゴリー: 東京漂流, 見聞録 | 2件のコメント

停滞日:ワーグナー『パルシファル』を聴きながら

  せっかくの連休だったが台風接近で新幹線が止まる前に上京して、今日は停滞日。午前中買いものでずぶ濡れになったが、午後は晴れ上がって風も適度にあり、だいたい乾いた。ありがたい。 仕事をしながらワーグナーの歌劇( … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

日本のヴァルトブルク城:鎌倉の切り通しを抜けて

「皆様~、左に見えますのは日本のヴァルトブルク城、鎌倉安国論寺御法窟でございます。彼のマルチンルターが城に籠もって聖書をドイツ語に訳しましたように、日蓮聖人はここに籠もって『立正安国論』を書かれたのでございます。」「右に … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

最澄と空海:囲碁ならどっち

与太話に過ぎないが、最澄と空海、囲碁ならどっちが強いだろう。といっても私は囲碁はほとんど分からない。 なぜそんなことを言うかというと、平安京を碁盤に見立てれば、北辺の神護寺と南辺の東寺に加え(ここまで空海生前)、東辺の醍 … 続きを読む

カテゴリー: 読書ノート | コメントする

予告「池田環境社会学の生起する場」:池田寛二先生に思い出をうかがう

この夏一番(唯一?)の仕事が終わった。同僚の池田寛二先生(環境社会学)が来春定年退職される。これまでの学恩に感謝する意味で、先生の若い頃のお話をうかがって研究ノートとしてまとめることにした。2時間×2回の聞き取りが無事終 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

高野山病もこのへんで:高丘親王航海記を読む

フランス語の稽古を再開するので、教科書とドリルを御茶ノ水の丸善まで買いに出た。店員が探している間にふと書架を見ると写真の1冊が目に入った。釣られるように買い求めて読んでみた。 澁澤龍彦は高校生の一時期罹った流行病で、毎晩 … 続きを読む

カテゴリー: 読書ノート | コメントする