月別アーカイブ: 2022年10月

角栄とアート:「越後妻有 大地の芸術祭 2022」をちょっと見

授業で毎年言及するに訪れたことがない。嘘くさい。サワリだけでもと思って日帰りで「越後妻有 大地の芸術祭 2022」。越後交通の半日バスツアーを午前、午後とハシゴ。昼食は先便のへぎそば。帰りに越後湯沢の共同浴場「山の湯」に … 続きを読む

カテゴリー: 私の仕事, 見聞録 | コメントする

よい先生と出合う幸せ:折原浩先生の新刊をいただく

http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624400699 よい先生に、それも学びはじめの時に出合えることは人生の最高の幸せの1つだろう。 小学5年生のとき、進学塾に通うためにピアノを … 続きを読む

カテゴリー: 尊敬する先輩たち, 読書ノート | コメントする

演劇は群衆の居場所を描けない:流山児事務所『美しきものの伝説』を観る

https://www.ryuzanji.com/ 流山児★事務所の宮本研連続上演の第2回『美しきものの伝説』を下北沢で観た。幸徳事件(劇中では大逆事件と語られるのが時代である)から関東大震災までの社会運動史と演劇史を、 … 続きを読む

カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 | コメントする

無功徳その2:学生時代の思い出

学生時代の思い出。木曜1限の「仏教概説」はノートを見せれば単位をもらえるという、ユルい文学部のなかでもとくに楽単だといううわさ。でもそのためでなく「仏教を概説する」という題目に惹かれて履修した。一緒に履修した友人は西本願 … 続きを読む

カテゴリー: 私の心情と論理, 読書ノート | 1件のコメント

ああ汝 漂泊者:世田谷文学館『月に吠えよ、萩原朔太郎展』を見る

工事中の切通しの鉄道線路の真中に3人のあどけない少女が立ち、カメラを見つめている。たぶん(室生)朝子さんと葉子さんと明子(あきらこ)さん、3人と撮影者の行く末を知っている未来の私は、写真に封じ込められた一瞬の幸福に息を呑 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 東京漂流, 私の心情と論理 | コメントする