事実と物語のあいだ、その1:羽豆崎城跡で妄想する

前便で触れた「愛知用水」の終点である知多半島の最南端の羽豆(はず)岬に、写真のような城(砦?)跡がある。城主千秋(せんしゅう)季忠は織田信長の家臣で、桶狭間合戦の折佐々成政の兄と義元本陣に突撃し、ともに討ち死にしたという。遺児は元服後信長の命で武士をやめ、所領を与えられて本来の家職に戻った。家職とは熱田神宮の大宮司である。

説明板を見たとき、千秋という名に覚えがあった。昔私の区の南端にある地下鉄野並駅前を散歩したとき、小高い丘の途中に「千秋家墓所」があって、熱田神宮の大宮司の家柄と説明板に書かれていたのだ。その一帯が信長に与えられ、家康からも安堵された千秋家の領地だったらしい。この丘は市内にわずかに残った手つかずの里山だが、この墓地が手つかずの理由なのかもしれない。

しかしなぜ熱田神宮の社家が武士になり、へんぴな岬の突端に城を築いたのだろう。そんな疑問を抱きながら遊歩道を歩いていると、道ばたの碑の寄進者銘に杉本組とあってハッとした。杉本組は名古屋市の建設業者で、堀川沿いにたくさんのビルを持っている。そのビルの間に住吉神社がある。江戸時代からある神社の寄進者は名前の通り大坂の商人たちだが、灯籠には知多半島の町々や三河湾の島々の銘が。つまり中世から近世にかけての伊勢湾海運(その荷の中心は材木)の背後に熱田神宮の存在があったということなのではないか。とすると、桶狭間の前に信長が熱田に祈願したのは単に戦に勝つためだけではなく、父がそうであったような、海運の神である津島天王社の地廻りヤクザから、国の神である熱田神宮の守護者にグレードアップするためだったのではないか。でも、なぜ津島では不足で、熱田でなければならなかったんだろう(この項続く)。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 未分類, 私の「新しい学問」, 見聞録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください