中筋直哉のォ(香川照之風に)「ことばの臨床社会学」8

数年前、大学に授業時間半年2単位1350時間厳守の嵐が吹き荒れた時(うちは1400時間でギャラおんなじ!)、大学は「学習」じゃなくて「学修」だ、設置基準にもそう書いてあるって言われて公式文書全部訂正した。

皆ァ、覚えてる?(それ、お前の病気の妄想って言われそう・・・)

東洋的専制、まだまだ生きてると思うんですよね。

また漢和辞典を引くと、修は清め飾る意味、修士は品行方正な人だって。エログロの研究はできないな。

習の方はひな鳥が羽ばたく練習のかたち。これはリアルですねえ。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください