踏むがいい、でも主よ、私は踏めません:学術会議提言に失望

今年の社会調査法もヤマ場を越えてホッとひと息したとき「踏み絵」が来た。日本学術会議社会学委員会提言「Web調査の有効な学術的活用を目指して」。

「踏むがいい」社会学の神はそう言われるだろうか。でも主よ、私は踏めません。そのどこも。

一番踏めないのは提言(3)「センシティブな質問の積極的活用」。下劣な出歯亀め!

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-24-t292-3.pdf

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください