ああかの幸福は遠きにすぎさり:55歳の誕生日を迎えて

表題の章句は、萩原朔太郎の詩「広瀬川」の一節である。連作『郷土望景詩』の1つで、高校の国語の授業でこの詩人を教わってから、よく知られた口語体の『月に吠える』や『青猫』よりも、これ以降の文語体の詩編を愛唱してきた。この詩作の時点では、まだ朔太郎の人生は荒廃していない。しかしすでに将来を予感させる。「われの故郷に帰れる日、汽車は烈風のなかを突き行けり・・・」

若い頃の親友が、ともに遊んだ九州湯布院の宿の風景をFBに上げていて、懐かしさと寂しさに浸った。当時が幸福で今が不幸というのではない。ただ昔と今の懸隔に呆然としているだけだ。当時は人生は足したり引いたり、誠実に取り引きしていけばだいたい黒字で終わるだろうと思っていた。途中で破産するとは思ってもみなかったのである。あの宿にもそのうちまた行けると思っていたが、仮に破産してなくても、今はとても行ける気がしない。

繰り返しになるが今が不幸というのではない。私と同じような生活をしている同業者のエッセイを読んで、私よりずっと順風満帆な様子を少しうらやましく思ったが、省みれば私の生活はそれなりに充実している。職場も家庭も、市谷の教室から多摩の下宿に帰る深夜の京王線ですら、落ち着いた心でいればみな私の居場所であり、かけがえのない「至高の現実」である。この誕生日もFB上で多くの友人から温かいメッセージをいただいたし、さりげなくお菓子を届けてくださる同僚もいた。ありがたいことである。

だから、冒頭の章句に続く結句「小さき魚は眼にもとまらず」とは、過去が幸福なあまり今のささやかな幸福を感じられないのではなくて、「広瀬川白く流れたり」、その流れの速さに立ちすくんでいるからだ。若い頃は流れに棹さして幸福を探す旅に出たが、今その流れはただ虚無の大海に流れこもうとするばかりだ。信仰を得ればよいのか、それとも。56歳で亡くなった朔太郎は「虚無の中にある私を信じる」と絶唱している。

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の心情と論理 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください