天職について:松本俊彦『誰がために医者はいる』を読む

アカデミックな専門家を看板にメディアで活躍する人は多いが、話をまじめに聞こうと思う人は私には少ない。スポットライトへの嫉妬もあるし、紋切り型の物語の語り手でしかないことへのいら立ちもある。そのなかで、いつも耳を傾ける同世代の専門家は、精神科医の松本俊彦氏と考古学者の千田嘉博氏である。その松本氏のエッセー『誰がために医者はいる』(みすず書房)を読んだ。

お二人を信頼し、またうらやましく思うのは、専門こそ違え、それぞれ自分の仕事に愛と誠実を持って取り組まれ、またその仕事を妨害する世間(たとえば郷土の文化財を票の道具にしか考えない下劣な政治家)と嫌がらず、阿らずに付き合い、さらに職場の組織上の業務も逃げずに引き受けられているからだ。そうした意味でお二人は仕事を天職としていると言えるだろう。さらにメディアへの露出は時間的にも無理があるし、メディアスターとアカデミシャンとは本質的に矛盾するが、お二人はけっしてメディアに魂を売らない。それもまたお二人の仕事が天職だからだろう。

松本氏の名を知ったのは、皮肉なことに彼が強く反対する「ダメ。ゼッタイ。」キャンペーンの担い手になるハメになったからだった。その業務を通して彼の名とダルクを知り、そのプロセスをよく知りたいと思ったが、業務上の私は結局「ダメ。ゼッタイ。」と不良学生を追い回すことしか許されず、彼らの更正復帰のプロセスは後任の教育学者に攫われてしまった。その結果、私の中で後戻りの効かない崩壊が生じて、私は私の仕事を天職だと思えなくなってしまった。それまではいつかそうなれると思っていたのだが。

必ずしも穏やかな出合いではない患者から学び、自分の治療と知識を深めていく松本氏の職業人生を、私は苦い思いで読んでいる。私はもともと学生との付き合いが苦手で、今や全く無理になってしまった。もちろん仕事上定められた教育(実に低レベルなものだが)はするが、それが自分を深めているとも、そもそも自分が深まっていくとも思えない。心のどこかで、「早くクビにしてくれ、お払い箱にしてくれ」という声がいつも聞こえる。

この本ではアルコールや向精神薬への依存の問題がていねいに論じられているが、これも私には親しい事柄である。向精神薬が効いてスッキリという経験はなかったが、美味い酒、楽しい酩酊の記憶はたくさんある。しかしそれはほんとうは何だったんだろう。それに仕事。これも若い頃にはうまくいった、楽しかったという記憶があるが、それもほんとうは何だったんだろう。

冒頭のお二人に戻ると、私は実に下劣な読み方をしていて、奥付を見ればお二人は東大出でも洋行帰りでもない。私の世代の出世したアカデミシャンはちょうど東大出から洋行帰りの移行期にあったように思う。私は東大出だが洋行帰りで箔をつけることはできなかった。しかしそんなことはよい仕事、天職とは何の関係もない。今頃それに気がついてももう遅い。もっと早く、小学生のときに気づいていればよかった。

面白いですよ。おすすめですよ、とただ書けばよかったのに、すみません。

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 読書ノート パーマリンク

天職について:松本俊彦『誰がために医者はいる』を読む への2件のフィードバック

  1. かほう鳥 のコメント:

      暑いですね。かほう鳥です。
     小学生の時気が付いていたらって…。子どもは、それがないから、運動 芸術 勉強 いろんなことができるんじゃないですか。多少の無理強いがあっても。そして息抜き(や手抜き)コツを掴んで育っていくワケで。いろんなものを見ながら。
     大人は、たくさん年を取った子どもです。保護管理責任者も兼ねているだけ。まぁ、
    向上心を’欲‘とされるのもありか。みんな、不条理 能力体力の壁 公的私的諸事情…色々出会いますよね。山あり谷あり。*定められた教育業務では先生が深まってはいかん気もします。学生さんに的確な蜘蛛の糸を垂らすのがお仕事と思いますので。

    • 中筋 直哉 のコメント:

      かほう鳥さん、コメントありがとうございます。うーん、この点はかほう鳥さんの方がずっと楽観的ですね。僕は受験進学の方に強く仕向けた母親を恨んではいませんが、それに当時いろいろそれなりにやらせてもらえてありがたかったとは思うけれど、「そうでなければならなかった」とは思いません。一方、私の目の前の学生たちのほとんどは、私が教師でない方がよかったとはっきり言えます。いや1人でもマッチしている学生がいればいいのでは、と思われるかもしれませんが、いわゆる大手私大の大規模学部はそんなところではありません。

かほう鳥 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください