バス問題のLast Resort(最後の手段):歩いてみました

多摩キャンパスの構造的問題の第一は「バス問題」である。橋本、めじろ台の両最寄り駅からバスで15分かかり、火曜から木曜の2限から4限の、授業が集中する時間は駅前や大学のバスターミナルに長い行列ができ、どの車両もすし詰めだ。これまでも苦痛だったがコロナ禍で一層問題が深刻になった。授業をいくら疎にしても対面でやる限りバスは密である。昨日の教授会でもこの問題で時間がかかった。同僚たちの心配はもっともと思う反面、それはバス会社の責任でしょう、とも思う。昔バス会社との交渉の仕事に関わったとき非常に冷淡に扱われたので(とくにKOバス)、こっちが配慮する必要なんかないと思う。

20年前はまだ体育が必修で、市ヶ谷の学生たちが多摩に来る日はそれはそれはたいへんだった。その時の記憶から授業の1時間前には出校する習慣がぬけない。体育が必修でなくなって楽にはなったが、多摩キャンパスの存在理由の過半は失われた。

赴任直後にめじろ台から歩けないか確かめてみたら自動車の多い上アップダウンがけっこうあって途中の団地で飽きてしまった。それ以来バスで往復していたが、ふとまた歩いてみたくなって脇道を探索し、帰りに歩いてみたらアパートまで40分かからない。これはいける。今朝は上りで45分くらい、さすがに汗びっしょりである。飽きるまで当分続けてみよう。ただ帰りは19時過ぎて暗いので、自動車の多い道が安全だろう。

脇道は谷筋の古い集落を上り、最後は丘の上の農道となる。気がつけば館町とか寺田とか湯殿とか殿入とか、まったく室町戦国時代的な地名である。今は総理と文相のペアの政党ポスターばかりが目につく。途中に圏央道からのバイパス(たぶん将来は国立まで抜ける20号線の)工事現場があるが、旧集落は高架で越えるのに団地はトンネルでくぐるのが何だか可笑しかった。

 

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 東京漂流, 見聞録 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください