あてのないフィールドワーク:明治憲法起草地記念碑を訪れる

今日は大学が体育祭で休講なので、前から気になっていた横須賀市の夏島(なつじま)に行ってみることにした。バスが朝晩しかないようなので早起きして京急追浜駅に着くと、乗り場が素人には分からない。工場の通勤専用なのである。追浜と言えば日産また住友造船(旧浦賀船渠)。発車間際のバスにあわてて乗ったら工場の構内行きで、守衛さんににらまれた。ごめんなさい。

でも日産で働く人を見られてよかった。どこかトヨタと違う感じがする。どこがって、それが言えたら産業社会学者になってますがな。バスの終点から少し戻ったところに目的地の「明治憲法起草地記念碑」はあった。あったのはいいが実際の春畝公伊藤博文の夏島別荘は工場造成時に均されて跡形もなく、仕方なく道路脇に移転したらしい。明治と昭和の対照を象徴するような話だ。もっとも伊藤はここではなく、今明治記念館になっている赤坂仮御所御会食所の建物が本審議の場所だったので、それを自分の別荘を移した隣の野島に持って来て記念館にしたかったらしい。でもできなかった。意外とわびしい扱いの帝国憲法。

産業道路を日産、住友とちがう従業員満載のバスが通っていく。「海洋研究開発機構」行き、ええっ、私の愛する「ちきゅう」の所属する独法じゃん。そんなに人働いてんの?帰って調べるとなんかいっぱい水槽があるらしい。職員数は全体で900人と書いてあるのでそれほどでもなかった。まあ900人は正規が、ということだろうけど。

でももっと驚いたのは設立が経団連の要望だったことと1971年だったことだ。まさに『日本沈没』、顔が広く鼻のいい小松左京はそうしたことも踏まえて書いたにちがいない。しかし何で経団連?大陸棚資源、ということは尖閣ですね。うわー、キナ臭く、バタ(アメリカ)臭い。だってオイルショックの直前でしょ。私がブン屋なら一冊書くな。

右は野島に復元された伊藤別荘、山口県萩に移された大井別邸もそうだったが、春畝公の人柄をうかがわせるスカスカで明るい建物である。なんせ3畳の茶室は女中部屋兼用。神経質な山縣にゃあとてもできません。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 パーマリンク

あてのないフィールドワーク:明治憲法起草地記念碑を訪れる への1件のフィードバック

  1. 中筋 直哉 のコメント:

    トヨタでも、25年くらい前の名鉄知立駅の雰囲気はより近いかもしれない。ホームに立ち飲み屋があって、トヨタの出勤時間には専用バスが駅前広場を埋め尽くした。しかし今や働く人だけでなく工場やロジの感じも違って見える。トヨタの方が20年先を行っている感じがする。工場間で新車を移動するときボロボロの仮ナンバーをつけて一般道を数珠つなぎに走らせるなど、何だかなあ、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください