練炭豆炭:現代史への手がかり

若い経済史家の方のツィートにブリケットという言葉があって、どうも練炭豆炭のことらしいが、そう書いてもらわんと年寄りには分からんよ、とリツィートしたら、豆炭という言葉をはじめて聞いたと言われた。まあ、そうですね。これは年寄りの私が悪い、すみません。

その方はドイツと日本のブリケットの普及と流通の比較に関心をお持ちなのだが、たいへん面白いテーマだと思う。私の記憶では練炭豆炭が消えていくのと入れ替わりにレンジでチンというのがやってきたからだ。ドイツはどうだったのだろう。

私の生家の近隣(斜め向かいと5軒先)には2軒も炭屋があって、練炭豆炭だけでなく薪や木炭も売っていた。もちろん夏は氷屋。商店街(関西では市場という)にある店の台所はまだ薪をくべるかまどで、名前通りカマドウマがいた。1970年の大阪万博の頃である。

カメラをパンすれば、国内炭田の廃坑と引き換えの原発増設の時代であるし(炭労から電力労連へ?)、汽車が消えて電車が定時、定間隔で運行されるようになる時代だ(ヨンサントオで青森電化)。いつまで経っても目的地に着かない福知山線が遅延でスピード出し過ぎて大事故を起こすなんて想像もできなかった。

高度経済成長期とくにその後半、私たちの生活の「かたち」がどう変わったか、それをオーケストラの総譜のように同時並行的に描き出すことができれば、フーコー流の言説史よりずっと深刻に私たちの身体と精神の変容あるいは堕落を描き出すことができるだろう。

練炭豆炭の話に戻れば、私の生家から豆炭が消えたのは、祖母が愛用の火鉢の傍でうたた寝して一酸化炭素中毒になりかけたからである。火鉢のせいではない。部屋の密閉性が高くなったからだ。火鉢の明るく熾った豆炭であぶった掻き餅の味は、もう味わうことができない。バーベキューなんかとは・・・。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 私の「新しい学問」, 見聞録 パーマリンク

練炭豆炭:現代史への手がかり への2件のフィードバック

  1. かほう鳥 のコメント:

    こんにちはか。ほう鳥です。薪屋さん,懐かしい!家はふろ用でしたが。ガス屋さんと呼ばれるようにになりました。
     生活のかたちの変化、選択肢の変化は我が家にも”新コンロはIHかガスか”と問題になっています。グルメという言葉を大衆化された時代を通って、視力低下や老化を考え始めたからです。
     高齢化社会、高齢少人数世帯群、高齢おひとりさま群。
    電子レンジ、コンロ台、食品の加工具合の変化をまた加速化させていくのでしょうね。

    • 中筋 直哉 のコメント:

      かほう鳥さん、コメントありがとうございます。うちも次はIHになりそうです。でも高級な料亭にでも行かないと焼きもの本来の味を楽しめなくなるのはさびしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください