最澄と空海:囲碁ならどっち

与太話に過ぎないが、最澄と空海、囲碁ならどっちが強いだろう。といっても私は囲碁はほとんど分からない。

なぜそんなことを言うかというと、平安京を碁盤に見立てれば、北辺の神護寺と南辺の東寺に加え(ここまで空海生前)、東辺の醍醐寺、西辺の仁和寺を押さえた真言宗と、滋賀院、三千院、青蓮院、曼殊院、毘沙門堂と東北隅の叡山の麓ばかり布石している(どれも最澄死後)天台宗では、ずいぶんちがうなと思ったのである。詳しい方に聞いてみたい。

中筋 直哉 について

法政大学社会学部教授。1966年神戸市生まれ。
カテゴリー: 読書ノート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください